キッチンガーデンTOPページ

無肥料無農薬とは?

キッチンガーデンBLOG 安全で健康的な野菜作り

これから農業を始めたい方へ 研修生募集

より安全な農作物を食卓へ 無農薬・無肥料で農業の最先端を走る

安全最優先だから無農薬・無肥料栽培をしています

キッチンガーデンは、安全な食の提供で人々の健康に貢献することを願って活動しています。様々な化学物質が食を通して人体や自然に深刻な影響を与えていると指摘されています。ひとつひとつの化学物質と病気の因果関係を証明することは困難ですが、「疑わしきは避ける」というのが予防原則です。キッチンガーデンは、農薬も化学肥料も有機肥料さえも使いません。無農薬無肥料栽培12年のキャリアを持つ代表の安間淑介を中心に、自然の摂理に従った農業をしています。

無農薬・無肥料栽培は農業のパイオニア

今、農業は減農薬に向かっています。農薬も肥料も削減した「特別栽培農産物」の認定や有機JAS法制定などで政府も奨励しているのです。このように農薬も肥料も使わない農業に移行せざるを得ないだろうことが垣間見えます。いずれ状況が一変して、「昔は農薬や肥料も使っていたんだって!」と驚かれる時代がくるに違いありません。しかし、それは待っていて実現するものではありません。キッチンガーデンは、自然を汚さず人体に最も安全な無農薬無肥料栽培でパイオニアとして農業の先頭に立つと自負しています。

無農薬・無肥料栽培で営農する価値

田畑から若者の姿が消えて久しく、高齢者のみが残る現状では耕作放棄地が増える一方で、その荒野は農業に未来はないと語っているかのようです。一部の例外を除けば、慣行農業の収入だけでは生業としては成立しないからです。人間社会の土台は食料生産であり、その土台を担う農業には誇りだけでなくそれに見合った報酬が得られるべきです。食料自給率が39%(平成25年度農産省)などという危機的状況を看過することはもうできません。キッチンガーデンは、安全で高価値の農作物を生産し供給すると同時に、家庭菜園で皆さん一人ひとりが自給することを広めます。